BULK HOMME(バルクオム)ヘアライン誕生!待望のヘアケア

バルクオムヘアライン公式サイト

バルクオムヘアライン概要

シャンプー

バルクオムシャンプー
頭皮の環境を改善するためにきちんとしたシャンプーを選ぶことはとても重要です。 男性は女性に比べると約3倍の皮脂を分泌しています。 ...

トリートメント

男性の多くはトリートメント後のヌルヌルとした感じよりもサラッとした使用感を好むことが多いです。 しかし、サラッとした感じまでトリートメ...

スカルプセラム

頭皮の乾燥は、かゆみやフケや頭皮湿疹、抜け毛の原因になっている場合があります。 乾燥は温度差や気候、自然乾燥などの原因がありますが、シ...

髪の毛について

髪の毛は、肌の角質が変化したもので、ケラチン(タンパク質)が主成分となっています。
ケラチンは細胞核を持たず、角質層や爪、毛髪を形成しているものでもあります。

角質層と髪のケラチンは同じ種類のアミノ酸でできていますが、アミノ酸の比率が違うためかたさや性質が違っています。
しかし、髪の毛には自己修復機能がありません。
なので、一度傷つくと元にはもどりません。

毛髪のケラチンタンパク質の中に圧倒的に多いのがシスチンというアミノ酸です。
シスチンは、必須アミノ酸のメチオニンか作られます。

髪の毛も肌もアミノ酸からできているので、アミノ酸を含むアミノ酸シャンプーは髪の毛や頭皮にダメージを与えにくいといわれています。

頭皮ついて

  1. 頭皮は全身の皮膚の中で最も皮脂腺が多い部分。
  2. 頭皮には顔のTソーンの2倍から3倍の皮脂腺があると言われています。皮膚だけでなく毛髪もほごするために皮脂を分泌し、雑菌などから保護し、太く健康な髪が育ちやすい環境を作っている。
  3. 紫外線の栄養をダイレクトに受けやすく、髪の毛ファある分皮脂や古い角質などが毛穴に詰まりやすい。また汚れていることに気付きにくい。
  4. 毛穴の数が多い分だけ皮脂腺が多く、皮脂の分泌も盛んなので顔に比べてベタつき安く汚れやすい。
  5. 男性は発汗や皮脂の分泌量が女性よりも多いため、汗、皮脂が溜まりやすく雑菌が繁殖しやすくなり、フケやかゆみなどの症状を引き起こしやすい。(女性の頭皮の匂いはムレが主な原因)
  6. 頭皮は顔に比べて、回ゆいと無意識にかきむしってしまいがちなので、木津ついて炎症がさらに悪化しやすい。

このように、実は顔や体の皮膚に比べるとデリケートになりやすい場所です。

頭皮も顔同様、内的・外的ストレスでバリア機能が低下すると、肌を守ろうとして皮脂の分泌が過剰になり、皮脂汚れが更に毛穴に詰まってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があります。

また、頭皮の毛穴詰まりは、フケや痒みだけでなく、血行を悪化させることにより頭皮の弾力が失われ、顔のたるみや毛穴のたるみの原因に繋がる可能性があるので注意が必要です。

毛穴に詰まる汚れって?

毛穴に詰まる汚れにはいくつか種類があります。

①皮脂

人間は体の中から皮脂を分泌しています。特に目立ちやすいのは顔や頭皮です。特に男性の場合、皮脂の分泌が女性よりも盛んなため、ベタつきやすくテカりやすい場合が多いです。

しかし、皮脂汚れは簡単には落ちません。普通にシャンプーしているだけでは落としきれない事が多く、蓄積して毛穴に詰まってしまう可能性が。詰まった皮脂汚れは時間と共に酸化してさらに頑固な汚れの原因となります。

②整髪料

男性は特に髪の毛が短いため、整髪料が直接頭皮に触れてしまって毛穴に詰まりやすい傾向にあります。整髪料をつけていると、空気中に舞うホコリも付着しやすく、それが毛穴に詰まってしまう可能性もあります。

毛穴に汚れが詰まったまま放置してしまうと、まず感じるのは匂いです。皮脂は酸化すると頭皮に炎症を起こしやすくなり、独特の鼻につく臭いを発生させてしまいます。整髪料やホコリも同様で、それらが混ざり合って、耐え難い臭いを出すようになる場合があります。

更にそのまま放置しておくと、頭皮のかゆみや赤みなど肌荒れが発生する場合も。かゆみがあると無意識のうちにかきむしり、傷ができてそこから最近が入ることがあります。

炎症を起こした毛穴からは健康な髪の毛が生えにくくなり、髪の毛が成長しづらい頭皮環境になってしまうという悪循環が起こります。

これは、薄毛や抜け毛の原因の一つとも考えられているため、毛穴汚れは放置しないようにすることが、育毛環境を考える上で大切なことだといわれています。

髪と頭皮のダメージ原因



窪塚洋介愛用。オトコに頭皮を全力でアシストするBULK HOMME